アポ取りをアウトソーシングするメリット

営業代行としてアウトソーシングでのアポハンターに重きをおく会社があります。効率的な決裁者へのアポ取りを獲得するための営業代行で、ターゲット企業のホームページの問合せフォームへ送信するという手法です。この方法で実行することにより興味を感じたターゲット企業の返信のみになります。それにより商談の成約率がプッシュ型のテレアポより高くなる確率が確実に向上します。この営業代行会社は自社のクライアントに適合する、見込み客リストを作成して送信と分析までを実行します。そのためアポイント獲得サービスを利用することで、アウトソーシングを依頼したクライアントは営業のみに集中できるというメリットがあります。

代行を依頼され実行する際の方法と期間

営業代行会社が作成するターゲット企業の営業リストはアポイントのリード獲得を意識したものです。データ分析についてもAIを駆使して施策の成果を分析します。この方法により今まで気付かなかったターゲット企業の存在と新たな訴求などが、AIによる定期的な分析を行うことで発見する可能性があります。また独自のPDCAを持つことも特徴で、問題の解決策は他の競合サービスでは提供できない営業ノウハウも有しています。

クライアントから依頼され代行を実行するまでの流れで、最初に取り掛かる作業がクライアントの営業力診断です。そしてヒアリングから発注までに要する日数は1から3営業日です。その後の配信準備で必要な日数は4から10営業日で、配信完了して商談獲得するまでの要する日数は11から14営業日になります。

営業代行は自分の目的に合わせて最適なプランが利用できます。そのため、コストを最低限にしながら最大限の結果を求められます。